心理カウンセラー1級講座

(当資格の2級講座を受講された方が対象です)

幅広くカンセリングに対応できるような内容です。

 

仕事ストレス・対人関係心理カウンセラー

すぐに役立つ内容になります。

今までの講義で人気の高かった内容を編成した内容です。

心理カウンセラー1級

「将来、カウンセラーになりたい方」は、ぜひ、1級まで受講していただくと自信が持てるようになります。

また「仕事に役立てたい」場合や「自分のスキルを高めたい方」にお勧めの内容になります。

この講座は「カウンセラーになりたい方」や「講師になりたい方」のために、「専門分野」と「理論」と「トレーニング」を取り入れた即戦力を学べる特別なカリキュラムとして作っていますので、実際のクライアントの立場や生徒の立場として聞いてもらうことでマスターできるようになっています。

通常3日間の1級講座の内容を、みなさんに受講しやすくしています。講座内容には自信がありますので、しっかり学ぶことが出来ます。きっと中身の濃い講座に驚かれると思います。

 

 

 

1級講座では3級、2級で身につけた基本的なカウンセリング知識やスキルを活用して、専門的なカウンセリングスキルを学びます。

そして、カウンセリング理論を体系的に理解してもらいます。このように「専門分野」と「理論」をマスターすることで、より深く詳しく、そして幅広い視点で考えることが出来るようになりますので、どのような方に対してもカウンセリングできるようになります。

そして「なかなか上手くいかない」「やってみたけれどわからないことが出てきた」「こんなときにどうすればよいのか」など、こういった悩みを解消するために、実際にカウンセリングのスキルを効果的に活用するカウンセリングの考え方やテクニックを学んだ方を対象に、実際のカウンセリング方法について、より実践的なロールプレイング演習を通じてマスターしていただく講座です。


認定証は発行します。カウンセラーを目指す場合は、体系的に学ぶことがおススメです。

理論として「自己理解」「他者理解」「自己信頼」「感情の影響」「自己表現」「自己治癒効果」などをマスターしていただくことで、頭の中が整理整頓出来るので、カウンセリングに自信が持てるようになります。

このように1級講座は、「専門分野」と「理論」を学びながら、カウンセリングの「実践トレーニング」の内容が盛りだくさんです。

専門知識と理論と実践が学べますので自分がカウンセリングを受けるつもりで聞いてもらうと、カウンセリングのテクニックが自然と理解できるようにカリキュラムを作っていますので、本格的なカウンセリングスキルが身につきます。

もちろん、仕事でも役に立ちますので、部下を持つ方や組織運営にも活用でき、またメンタルヘルスや離職予防にも役立てることが出来ます。

これまでに学んだ理論的な考え方を現場で使えるように実際に参加者同士がロールプレイングを通じてカウンセリングの実践トレーニングをしていただきますので、より具体的なカウンセリングのイメージが体験できます。

とくに大事な部分は繰り返し詳しく説明しますのでマスターできると思います。また応用的な知識やスキルなどを学びますので、この講座を受けていただければ日常生活でも活用できるようになります。もちろん将来的にカウンセラーを目指す方にお勧めの講座です。

なお、1級修了者には将来的に
「研修講師の仕事」
「子育てに関わるカウンセリングの仕事」
「不登校支援の仕事」
「傾聴ボランティア」

など、様々なフォローをさせていただきます。

 

日本カウンセリング推進機構の受講者がカウンセラーとして活躍!

 

和田雪見さんのホームページ

 

1級 心理カウンセラー講座

講座内容(講習時間:2時間20分)

「つい感情が顔に出てしまう」
「自分の感情に左右されやすい」
「好き嫌いが激しい」
「急に爆発してしまう」
「イライラしやすい」
など、自分の感情をコントロールすることが苦手な方が増えています。

自分では怒っては駄目だと頭では理解しているけれど、つい表情や態度に出てしまって損をしています。なんとかしなければと思うけれど、イライラが先に出てしまいます。

この講座では感情を上手にコントロールしていくカウンセリング手法を学びます。

ストレスの発生原因を知ることで自分の感情と上手に付き合うことが出来るようになります。

今までイライラする感情からくる態度や表情、行動への影響を軽減させることが出来るスキルを学ぶことでストレスから解放され、本来の自分が取り戻せます。

また感情労働と言われている「常に笑顔」「常に情熱」「常に誠意」を仕事上、要求されるために精神的にも疲れてしまいやすい接客業の方ためのセルフケアを学びます。

お客様の要望に応えなくてはという自分にプレッシャーを与えすぎていることに気づくことで、きっと、お客様からの「ありがとう」という言葉が自分を癒してくれる言葉に変わります。

 

初めての方でも丁寧にわかりやすく説明しますので安心して学べる講座です

①ストレス負荷のある職場環境
ストレスの多い職場は不機嫌なことが多いため、人間関係においてもイライラしがちになりやすく、またミスも多くなりやすいため、ストレス負荷の原因を知ることで軽減できるようになります

②自分をコントロールする
自分で自分をコントロールしているつもりが、実は自分さえ我慢すればよいといった自分の感情を抑え込んでいる場合が多いため、まず自分のストレスが溜まりやすい傾向に気づくことで対応することが出来るようになります

③感情支援のカウンセリング手法を学ぶ
イライラが止まらなかったり、ムカムカと腹が立ったり、相手に言い返したあと「あんなこと言わなければよかった」と後悔して自己嫌悪に陥ったりする方へのカウンセリング手法を理解することで感情の整理の仕方を学びます

④カウンセリングの癒しの効果
感情がコントロールできないのは幼児性が原因の場合が多いため、カウンセリングを通じて感情への刺激を和らげることで自分との付き合い方をマスターします

⑤ストレス発生のメカニズム
人間関係や出来事に対して過敏な反応を示すことがストレスに繋がっているため、そのメカニズムを知ることで対処する方法を学びます

⑥感情をコントロールする手法
自分では気づいていなかった人間関係や出来事などに対して過敏に反応する自分の性格を把握し傾向を理解することで、イライラしている自分を自覚できるようになり感情のコントロール方法ができるようになります

⑦感情は自分のもの
自分の感情をコントロールするには、感情の発生原因を見つけてもらい、どのような場合にどんな感情が発生するのかを確認することが必要ですが、イライラの原因を相手や出来事の問題として考える傾向があり、自分で確認することは難しいのでカウンセリングを通じて把握してもらいます

⑧ストレスフリーの幸運体質になる
もっと幸せに生きたいと思っていても、反対の不幸せな選択をしていることに気づいていない方が多く、カウンセリングを通じて不幸を選択する思考方法に気づいてもらい、幸運体質への転換を図ってもらいます

⑨よくあるクラインとの対応事例
ストレスのはけ口を求めている方が多いため、愚痴を言ったり、拒食や過食、人間関係のトラブルなど、問題が起こりやすいのでマイナス発想の方が多いので、そのための対応方法を事前に理解しておきます